研修講師 池田絵里 オフィシャルブログ

ビジネスマナー・説明力・男女の思考の違いやコミュニケーションをテーマに組織の土台作りをサポート。お互いの違いを知ることで相互理解が進み、人間関係が円滑になり、組織がうまく回ります。モットーは「個人の成長なくして組織の成長なし。個人の幸福なくして組織の幸福なし」。

守破離とビジネスマナー

f:id:eriikeda:20171226220006j:plain


先日、

 新入社員研修の打ち合わせがありました。

その打ち合わせを終えた後

私の頭に浮かんできたのは「守破離」という言葉。


守破離とは…

剣道や茶道などで、修業における段階を示したもの。

「守」は、師や流派の教え、型、技を忠実に守り、確実に身につける段階。

「破」は、他の師や流派の教えについても考え、

良いものを取り入れ、心技を発展させる段階。

「離」は、一つの流派から離れ、

独自の新しいものを生み出し確立させる段階。

(コトバンクより)


この言葉から、

改めて思ったことがありました。


ありきたりかもしれませんが、

やはり基本を「守」るのは重要だということです。


例えば、

「若手が必要ないと思うビジネスマナートップ10」という、

アンケートを見たことがあります。

ですが、ビジネスマナーは新入社員の基本ともいえるもの。


そのビジネスマナーも含まれる新入社員研修は、

社会人としてまたその企業の一員として、

身につけてほしいと期待される内容が詰まっています。


ですからそこに含まれるようなことは、

しっかり身につける必要がありますし、

実践できるようにしなければなりません。


研修を行う立場で考えれば、

どんな言葉で伝えるのか、

どのような動機付けができるのか、

どんな風にロールプレイを行うといいのか、

いろいろな考えが浮かんできます。


新入社員の皆さんに、

基本をしっかり「守」ってもらえるよう、

それが成果結果につながるように。


社会人になって最初の研修、

改めて責任重大だと感じています。


◆新入社員研修を承っております。 

    詳細はこちらよりお問い合わせください。

 

◆ビジネスマナー基本の5原則セミナー開催!◆

2018年1月20日9時半~11時半@亀戸

kokucheese.com