研修講師 池田絵里 オフィシャルブログ

ビジネスマナー・説明力・男女の思考の違いやコミュニケーションをテーマに組織の土台作りをサポート。お互いの違いを知ることで相互理解が進み、人間関係が円滑になり、組織がうまく回ります。モットーは「個人の成長なくして組織の成長なし。個人の幸福なくして組織の幸福なし」。

身だしなみは、名刺と同じ?! 

 

f:id:eriikeda:20161216112516j:plain

ビジネスマナー5原則、

今回は「身だしなみ」を取り上げます。

 

ご自分の名刺を取り出して、

または普段の仕事をしている自分を思い浮かべながら、

ちょっと考えてみてください。

 

あなたの身だしなみは、名刺に見合っていますか?

お客様が期待するイメージに、沿っていますか? 

 

バッチリだ!と言い切れない方は、

一緒に振り返ってみましょう。

 

一般的に、

人は「目から見た情報」に印象を大きく左右されます。

 (先週の表情に関する記事でもお伝えしました)

 

だからこそ、

私たちは身だしなみに気を遣う訳ですね。

 

業界、職種、企業風土、性別年齢に違いはあっても、

身だしなみの基本は変わりません。

・清潔感があること

・機能的であること

・周囲との調和がとれていること

この3つです。

 

どれも大切なことですが、

社内規定が細かく決められてないないことも意外と多く、

どのようにしたものか悩むことも多いようです。

 

またお客様と応対する際、

更に印象をよくしたいと思った場合に、

具体的にどう見せるのか考えることなども。

 

そんなときにも、

冒頭の質問が効果を発揮します。

 

f:id:eriikeda:20161216112533j:plain

 

あなたの仕事内容から、

あなたの肩書から、

あなたの会社のイメージから、

相手はどのような印象やキーワードを持つでしょう。

 

どんな印象を持ってもらうと、

あなたの仕事はよりスムーズに進むでしょう。

 

この場合の「相手」は、

いわゆるお客様だけではありませんね。

同じ会社の方も含みます。

 

今回の記事で上げている2枚の写真。

どちらも私のもので恐縮ですですが、

受ける印象が異なると思います。

 

1枚目の黒いスーツの写真は、

現在使用しているもので、

研修講師としてのイメージで作りました。

 

2枚目の写真は、

個人向けに活動していた際に使用していたものです。

服装から髪形、背景も含め全く違いますよね。

 

 

身だしなみの整え方に困った際には、

人からのイメージやキーワードを元にしてみるのも、

ひとつの方法としてお勧めです。

 

◆ビジネスマナー基本の5原則セミナー開催!◆

2018年1月20日9時半~11時半@亀戸

kokucheese.com